GPTW働きがいのある会社ランキング

株式会社ビューティースマイルが、Great Place to Work(R) Institute Japan(以下、GPTWジャパン)が主催する、2015年~2019年の5年連続「働きがいのある会社」ランキング 『従業員25~99人の部門』において、ベストカンパニーに選出されました。

2019年度★第11位★

2019年度★第11位★

この度はこのような素晴らしい賞をいただきまして誠にありがとうございました。ずっと念願の5年連続ベストカンパニー選出は本当に嬉しく感無量です。 5年間、働きがいとは…を目指してきましたが今年1年間は「働きがい」と「働きやすさ」の違いを実体験で知ることができた纏めのような年でした。 会社規模が大きくなり働くスタッフのために…と頑張れば頑張るほど不平等が生まれたり売上利益に影響があったり等、とても学びになる面が多くありました。 今は25名以上100名以下の小規模部門で受賞させて頂きましたが、5年前は30名程度だった組織が今は、70名になりました。 もうすぐ中規模の100名に達します。そうなったときにはまた今の「働きがい」のカタチもまた違っているのだと思うとワクワクします。 今度エントリーするときは、中規模でまた5年間頑張りたいです。その時を自分自身も楽しみにして日々努力してまいります。 この度は本当にありがとうございました。

2018年度★第9位★

2018年度★第9位★

5年間はこのベストカンパニーのアンケート調査を続けることを目標に掲げて4年目になります。 今年も選出していただき本当にありがとうございます。そして今年は、ベストカンパニーの中から、女性の働きがいのある会社にも選んで頂けて本当に光栄に思います。 実際に業務を進めておりますと「本物の働きがい」を求めて4年間活動していく中で、やっと効果が今になって出てきているように感じています。いろいろ試行錯誤していく中で、働きがいの中で一番大切なことは 【感謝の気持ち・言葉・行動】です。とってもシンプルですが難しいことだと改めて感じております。

for WOMAN 2018★第5位★

for WOMAN 2018★第5位★

社内は今「ありがとう」「おめでとう」の言葉が毎日、毎朝、全社メールで飛び交うようになっています。 本当に不思議なものですが、感謝や労いの言葉を、自然と普段から伝え合えるチームになるために4年もかかりました。 なぜならば、チームにはいろいろな価値観がある人たちが共に共存しているからです。自分に対して、人に対しても、感謝や労いを感じない人たちもこの世の中にはたくさん居て、今ある幸せを感じられない人たちもたくさんいるからです。 幸せに感じる心を養い、今ある環境が当たり前ではないことを学ぶ場所としてビューティースマイルは在ります。 今年度も精いっぱい努力していきたいと思います。 本当にこの度は、選出いただきまして、そしてホームページにお越しくださいましてありがとうございます。

2017年度★第4位★

2017年度★第4位★

今回はこのような素晴らしい受賞、ありがとうございます。3年連続選出をずっと目標にしておりましたので大変嬉しく思います。順位を落とすことなく上げていく企業努力は、とても大変なものですが、ランキングに参加することで「本当の働きがいとは何か?」を追求できるようになりました。 第1回目、2回目の時は、まだまだ会社も私も未熟で、ただ美容業・保育事業の中では福利厚生部分を強化している段階でしたのでハード面の満足は得られていても、ソフト面では課題がとても多かったように思います。 しかし、3年間も本物の働きがいを追求していくと、ビジョンや理念が明確になり、さらに従業員1人1人に寄り添えるようになり、さらに会社の方向性も定まるようになってきたのが印象的でした。 ​2017年は、静岡市葵区両替町にLuxxeEyelashまつ毛専門店がオープンしますが、メンバーの結婚&旦那様の転勤に合わせての出店です。 また、同年、海外で働くことが夢であったネイルスタッフの夢を叶えるべく、韓国にネイルショップをオープンします。 ​メンバー1人1人の自発性と、お客様1人1人のニーズをこれからも常にキャッチしていきます

2016年度★第8位★

2016年度★第8位★

2015年の昨年は、初めてのエントリーで全国9位にノミネートされたことが、驚きと同時に嬉しさがありましたが、今年は8位という結果に「まだまだ1位ではない」という謙虚な気持ちで受け入れる事ができています。さらに今年はその気概でさらにスタッフの働きがいに対して追求できる年になるのではないかと思っております。 今回も、8位という名誉あるランキングに入れた会社として、さらに高みを目指していきます。 このランキングに参加させて頂き、大切なことに気付きました。 スタッフの働きがいとは、働きやすい仕組みゃ体制なのではなく、経営者がスタッフに対してどれだけ愛情を与えられるかどうか。 そして、その気持ちを、どれだけ表現し伝える努力ができるかなのではないかと感じました。 経営者はどうしても、社員に対して豊かな暮らしと、余裕のある生活を…と望み与えがちですが、それだけではスタッフの働きがいは保たれないということも理解することができました。 ランキングを通じて、私自身が気付き、学び、精進していけるように思います。 このような成長機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

2015年度★第9位★

2015年度★第9位★

GPTWジャパンによる日本での「働きがいのある会社」調査は今年が初めての試みで、スタッフが心から遣り甲斐をもって仕事ができているか…従業員満足調査のために行いました。 従業員満足のために今まで進んで参りましたが、それが本当に皆の幸せなのか?ただの自己満足ではないのか?悩んだ末、社員に誰にも伝えずに密かにエントリーをしたのがきっかけです。 今回は第9位という名誉ある賞をいただきましたが しかしながら、まだまだ私達の会社は、課題がたくさんあります。さらにお客様満足を高めるために、スタッフの成長のために、 さらにみんなで力を合わせてやっていかなければならないことがたくさんあると感じます。 この受賞に満足することなく、来年度も、再来年度も選出されるように、成長し続けることを決意新たに致しました。 さらに愛情を持って、運営を続けて参ります。 今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

■本調査の詳細につきましては、2月16日発売の『日経ビジネス』誌、または、GPTWジャパンのウェブサイトをご覧ください。

 

【Great Place to Work(R) Instituteについて】
Great Place to Work(R) Institute は、世界49カ国で「働きがいのある会社(Great Place to Work®) 」を世界共通の基準で調査分析し、各国ごとに評価を行い、各国の有力メディアで「働きがいのある会社のランキング」として発表しています。
米国では、この「働きがいのある会社」リストに名を連ねることが、「一流企業の証」と受け止められています。
なお、本リストは、米国で1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されております。参加企業は49カ国で7,000社を超えており、500万人を超える従業員が調査に参加している、世界最大規模の従業員意識調査です。

 

【Great Place to Work(R) の調査内容】
「経営・管理者層への信頼」「仕事や会社への誇り」「仲間との連帯感」に関連する58の設問への5段階評価、および2問の自由回答設問に、参加企業の従業員が無記名で回答する「従業員へのアンケート:トラストインデックス©)」と、参加企業の企業文化や会社方針、人事施策、具体的には、採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動などの具体的な取り組み内容を参加企業が回答する「会社へのアンケート:カルチャーオーディット©」を、世界共通の基準で評価します。
配点は、「トラストインデックス©」が2/3、「カルチャーオーディット©」が1/3であり、「従業員からの声」を重視した配点となっています。