PRESIDENT MESSAGE

女性の可能性は無限大

はじめまして。株式会社ビューティースマイルのホームページにお越しくださいましてありがとうございます。

たくさんの会社の情報がある中で見つけてくださり光栄です。ここでは私たちが何を大切にして、どんな価値観なのかを知っていただきたいと思います。

ビューティースマイルが何を一番大切にしているのかというと

【人(女性)の可能性】です。

美容から始まり、保育園、海外独立支援など、事業の発展はすべて、お客様・ご利用者様とスタッフの「あったらいいな」からスタートしています。

本物のダイバーシティを実現させ、

成功事例を世界に広めていきます。

ここ数年で、女性の働き方はとても変化してきました。

女性活躍が当たり前になり、共働き家庭の増加、シングルマザーや未婚者の増加。

昨今では、介護の問題も深刻化してきました。

プライベートの時間も、資金も今以上に必要になる私たち女性は、

今後さらに価値を最大限に高めたサービスの提供を目指していく必要があります。

​お客様、ご利用者様とスタッフ、両方が幸せになる方法を常に創出し、

​ビューティースマイルから成功事例を発信していくフロンティア企業であり続けます。

11期目の夢

会社が誕生して10年の月日が経ちました。

思い起こせば、10年前はまだ店舗数が2店舗で社員数も10名あまり。

保育部門もまだ計画段階でまさに新しい事業にチャレンジしようとしていた時でした。会社実績がなく金融機関にも相手にされず苦しい中での保育部門設立と、美容部門の出店計画をしておりました。

会社設立から10年間継続できる企業はわずか6%と言われています。

実際に今回、コロナウィルスで世界全体の消費が冷え込み、廃業する企業や店舗は過去最多であり、失業者や給与カット等で今もなお苦しんでおられる労働者もとても多くいます。

ビューティースマイルも美容部門で最大40%売上減の月もあり、年間では10%以上の売上ダウンでした。しかし、全社員の給与やボーナスを誰一人も1円も減額せずに、むしろ投資時期と考え、給与テーブルの改定と昇給を行いました。


ではなぜその経営判断ができたのかというと

・10年間という企業永続実績にて金融機関からの融資協力と

・10年前にチャレンジした保育事業部の収入があったからです。

新しい事業は、結果が出て軌道に乗せるまでに長い年月がかかり、莫大な経費を要します。

実際に10年前の保育事業の立上げ当初は、4年間もの間、赤字が出続けて、美容部門の利益で赤字を補填していましたから、本当に会社を存続させることもギリギリの状態が続きました。​
しかし、今回のコロナウィルスの危機も、10年前に諦めずチャレンジし続けた美容と保育部門の全社員の努力が実り、結果的に会社を救ったのです。

ですから、今、チャレンジしている韓国事業や、SDGsスマイルチップもこの先、数年間の時間をかけて必ず軌道に乗せていきます。

これからもさらに、ここで働く皆様の想いから始まった新事業や新メニューで、お客様満足をつくり、地域社会に愛されるようにしていきたいと思います。

そして、また10年後に、それ等が会社を救い、働く社員さんを守っているような…

助け合い、補い合える、愛溢れる企業を目指していきます。

​2021年4月1日

 

株式会社ビューティースマイル

​代表取締役 髙橋繁世